ARCHIVES

アーカイブ

2022.01.20

住まいづくりワンポイントアドバイスVor.28

Q:2022年「住宅ローン減税」について教えて下さい。

岸田内閣になって初めての予算編成となる来年度予算、コロナ不況からの脱却を重要課題として掲げる岸田政権としては税制改正を景気の後押しにしたいと考えているようです。中でも個人消費に大きな影響のある住宅取得ついて、令和3年末に期限を迎える「住宅ローン減税」の取り扱いが大きな関心毎になっていますが、去る令和3年12月10日に国土交通省から発表された「令和4年度国土交通省税制改正概要」を見てみると今後の制度の内容が分かってきました。

まず、本年末が期限の「住宅ローン控除」の制度は「令和7年の入居分まで」4年間延長されます。そして、「控除率」と「控除期間」は大きく変更するという内容になっています。改正される「控除率」は、本年まで適用されていた借入金額の1%を0.7%に引き下げ、「控除期間」は10年から13年に延長されます。また、控除対象としている年末時点でのローン残高「上限4,000万円」については、住宅の省エネ性能などにより上限金額に差を付けるようにし、省エネ基準を満たしていない一般住宅は上限額「3,000万円」、省エネに配慮している場合は性能に応じて上限額を「4,000万円もしくは4,500万円」に、省エネやバリヤフリーなどに配慮した「認定住宅」の場合は上限額「5,000万円」とした3段階形にするようです。その他には、「住宅ローン減税」の対象になる人の所得条件を現在の3,000万円以下から2,000万円以下に引き下げることも明記されています。

「控除率」が下がることはマイナスに感じるかもしれませんが、これは、現在の「ローン残高上限4,000万円の1%を還付する」という仕組みの中で、住宅ローンの金利が1%以下になるケースでは利息より還付額が大きくなる「逆ザヤ」が問題となっているのでその解消と、高所得者ほど大きな恩恵が受けられるようになっていた制度を中間所得層に手厚くなるのが目的です。所得制限は厳しくし、「控除率」は「逆ザヤ」が発生しないレベルに縮小するが、「控除期間」は延長して負担軽減は長くおこなうという制度改正です。実際、平均的な世帯年収(500万円)の方が、平均的な借入金額(3,500万円程度)をしたとして計算をしてみると、ベースとなる控除可能金額がそもそも多くないため還付される金額は同じか少し増えるようになります。来年以降の「住宅ローン控除」は、平均的な所得の方がここ数年で住宅取得をするのであれば、本年までと同様の恩恵は受けられるということです。

 

Q:ウッドショックによる木造住宅への影響は?

コロナ感染症がパンデミックとなって世界中に広がる中、物流が途絶え、経済活動が制限されたことによって、市場で建築資材の品薄と買い占めが起きた一連の出来事を「ウッドショック」といいます。日本において、主な建築資材である木材を北米などからの輸入に頼っていましたので、本年春先には在庫不足が顕著となり、国産材への転換や限られた建築資材の奪い合いが起きたことで木材の価格が高騰しました。また、建築資材が調達出来ないことにより工期の延長なども起こり、「ウッドショック」の影響は木造住宅だけでなく建築業界全体に渡るものになっています。

過去にも今回のような建築資材の急激な高騰は何度かありましたが、今回は一過性なものではなく、将来的に解消する見込みも見いだせないことから、建築会社の工事価格の値上げが相次ぐ結果となっています。それも少々の値上げでは無く、工事金額の2割、3割にもなる大幅な値上げとなっているのです。「ウッドショック」はコロナ感染症のパンデミックが切っ掛けで起こりましたが、グローバル経済の物流問題、米中の経済摩擦、日本の長引く低成長が原因の価格抑制の限界など複合的に絡み合っていますので、建築価格の値上がり傾向は今後も続いていくと予想されています。

このような環境の中での住宅取得では、消費者自身がコストコントロールをすることが求められますから、無駄な広さや過剰な設備にならぬようプランニング段階から注意する必要がありますし、身の丈に合った、本当に必要なものを選択するという目も求められてきます。あるいは利害関係の無い客観的な人の意見を聞いたり、複数の住宅会社を検討することも当たり前に必要となると思います。「ウッドショック」を切っ掛けに、「価格が高くならないうちに早く契約を…」とクロージングをしてくる建築会社も増えていると聞きます。建築会社の話に惑わされることなく、自らで住まいづくりの計画を立て、本当に必要なものかは何かを吟味し、必要とする時期に手に入れるという心構えが大事だと思います。

 

 

2022.01.08

【新着物件】「中区高島新屋敷」 住宅用地

住宅用地のご紹介です。ご紹介する岡山市中区「高島新屋敷」の住宅土地は、JR高島駅(岡山駅から2駅かつ山陽本線と赤穂線の乗り入れ駅)から徒歩11分、宇野バス「高島公園前」バス停から徒歩2分、スーパー、ドラッグストア、銀行、郵便局、各種クリニックも徒歩圏内にある、生活利便に非常に優れる立地の物件です。

北東より敷地全景

北西より敷地全景

敷地図

敷地の広さは84坪ありますので少し広めの土地をお探しの方に最適な土地だと思います。隣地には建築会社㈱カーサ・カレラさん施工の一般住宅、アパートメントが建っており、ゆったりとした空間に統一感あるデザインが素敵な雰囲気を醸し出しています。接道は対象地北側の延長敷地(売買時無償譲渡)を介して東側公道(6m)に接しており、ライフラインの上水道・下水道は敷地内まで引込済で建築時には各種負担金を負担いただくだけとなっています。ガスは個別プロパンガスの利用となります。

売買価格は坪単価23万円、総額1,930万です。周辺相場と比べても割安感のある価格だと思います。こちらの物件は建築会社㈱カーサ・カレラさんの建築条件付きとなりますので、購入申込後に建築計画、資金計画、スケジュールなどの確認をおこなってから購入いただくようになります。建築や資金に関する事、建築会社さんの情報等についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しい物件概要については下記のPDFをご覧下さい。

2022.01.04

【賃料改定】「北区今5丁目」賃貸物件

賃貸マンションのご紹介です。物件のある場所は岡山市内でも商業利便の良い、交通利便の整ったことで知られる人気エリア「岡山市北区今5丁目」の「サーパス今公園マンション」です。マンションの西隣には「今公園」があり、また、大通りより1本中に入っているおかげで閑静な住宅環境です。近くにはスーパーやドラッグストア、銀行や飲食店もあり生活利便のとても良い立地となっています。

北西より全景

南西より全景

エントランス

玄関より室内を望む

リビング

ダイニング

和室

居室(西部屋)

居室(東部屋)

システムキッチン

浴室

洗面(洗髪シャワー付き)

トイレ(ウォシュレット)

バルコニーから南東を望む

間取図

対象物件は分譲マンションですから賃貸専用マンションとは違いしっかりとした造りにゆったりとした間取りで、かつ管理も行き届いていますから安心の住まいだと思います。また、7階建てマンションの4階ですから、程よい高さでいざという時には階段で上り下りできるので便利だと思います。間取は3LDK、南向きで日当り・通風も良好です。また、駐車場については敷地内に平面駐車場があります。(駐車場賃料7,000円

家賃は共益費含めて93,000です。内見について予約での受け付けとしておりますので、ご希望の方はまずはメールかお電話でお問い合わせ下さい。詳しい物件概要につきましては下記をクリックのうえご覧下さい。

2022.01.01

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ、宜しくお願い致します。

納得の住まいづくり、安心・安全な不動産取引となるよう努めてまいります。

不動産に関するご相談事がございましたら、お気軽にお声掛け下さい。

 

令和3年1月1日元旦

株式会社スタイルプランニング

2021.12.20

1月度のセミナー・相談会のお知らせ!

1月度のセミナー・相談会は以下の通りです。不動産の処分や活用をお考えの方、住まいづくりが上手く進んでいない方、不動産の購入でお悩みの方はぜひご参加下さい。

【セミナー・相談会】

1月10日(祝)
「住まいづくり何でも相談」 主催:ハウジングモール倉敷
時間:11:00~16:00 ※個別相談は1時間ごとになります。
場所:倉敷市酒津1625-1 ハウジングモール倉敷センターハウス

1月16日(日)
「不動産と住まいの相談室」 主催:(株)カーサ・カレラ
時間:10:00~17:00
場所:岡山市中区賞田80番2  カーサ・カレラモデルハウス

1月23日(日)
「住まいづくり大相談会」主催:ふれあいホームタウンみどりまち
時間:10:00~16:00 ※個別相談形式
場所:福山市緑町1-51 ふれあいホームタウンみどりまち

セミナー・相談会は予約制になっているものもありますので、詳しくは主催者までお問い合わせ下さい。個人向けのご相談は日時を問わず随時受け付けております。問合せフォームにてお気軽にお申し込み下さい。

2021.12.20

住まいづくりワンポイントアドバイスVor.27

Q:契約にあたり、「申込み」、「仮契約」、「本契約」それぞれ求められますが明確な違いを教えて下さい。土地がまだ見つかっていないのに「仮契約」とかしていいのでしょうか?

まず、「申込み」と「契約」の違いですが、簡単にいえば、検討している段階で取り交わす書類なのか、合意する段階で取り交わす書類なのかの違いです。「申込み」は、例えばプランニングの依頼や見積りの依頼、あるいは融資の申込みなど、具体的な提案や作業を依頼する際に依頼者の意思表示として取り交わします。また、何らかの優先権やキャンペーンの枠取りを確保したいという場合にも「申込み」をしたりします。その多くは建築業者からの求めに応じておこない、申込時には「申込金」が必要な場合もあります。尚、「申込金」は返還義務のあるお金として取り扱われます。一方「契約」は、法律上の権利義務を発生させる時に使われるもので、当事者の合意により取り交わすものです。法的な拘束力を持つことを期待して行われますから、「契約」を取り交わすと正当な理由がなければ解約をすることはできませんし、一方的な解約の場合には違約金も発生します。

建築工事を依頼する「工事請負契約」では、誰が誰に、どこで、いつまでに、いくらで、どのようにするかを定められた書式で作成し、図面や見積書も添付するようになっています。契約時には「契約金」も必要です。ご質問の中に、「仮契約」というお話がありましたが、民法上「仮契約」というものはありません。また、建設地が決まっていなければ、「建築工事申込み」や「工事請負契約」を取り交わすことはできません。推測ですが、「仮契約」という名の「建築申込み」を求められているのではないかと思いますが、要件が満たされていないので書類を取り交わす意味はないと思います。どういう内容の書類なのか、なぜ取り交わさないといけないのかを確認し、説明も不十分で内容も不明確ならば、取り交わしを拒否して下さい。

業者からアプローチされる「申込み」や「契約」の書類については、その書類の必要性や内容の説明を求め、納得できてから取り交わすことが大事です。判断がつかない、迷うようなものであれば、一旦持ち帰り当事者以外の人に意見を求めることも必要でしょう。中途半端な形での書類の取り交わしについては絶対にしないということを心掛けて下さい。

 

Q:将来子供が巣立ったり、親との同居の可能性を考えると、間取りや大きさに悩みます。現状優先で考えた方が良いのか、先々の可能性を考えて決めるのがいいのか教えて下さい。

住まいづくりの肝となるプランニングは、どの時点にフォーカスするかによって全く異なるものになるからです。世代が変わっても同じ家に住み続けていた時には無かった悩みですが、個人が尊重され、生き方も様々で、多様な人生が当たり前になった現代では、その答えを見つけだすのはとても難しいようにいえます。それを前提に、私なりの考えをお話させていただきますが、私の生業である住まいづくりコンサルティングの経験からいえば、住まいづくりにおいては、先ず、自分達(施主)のことを考え、直面している問題の解決や、やりたかったことに重きを置いてプランニングすることが大事です。子供のこと、親のこと、将来発生するかもしれない問題全てに対応するプランニングをするには、広さもコストも掛かりすぎてしまいますし、想像しておられる将来になるという保証もありません。将来のことは誰にも分からないのですから、それを悩み考えたところで答えはないのです。よって、プランニングの基本は自分達(施主)がやりたいこと、既に起きている問題を解決することに主眼を置いて進めるべきです。

とはいえ、できるだけ対応可能なものにしておきたいとの意向であれば、臨機応変に間取りの変更がしやすい構造躯体(スケルトン)と間取り(インフィル)を分離した構造(スケルトンインフィル)にしておくことをお勧めします。基本設計にスケルトンインフィルを取り入れておけば間仕切りは自由に変えられますから、問題が発生した時には速やかに対応することができます。もちろん、間取りを変更するには都度費用は掛かりますが、大掛かりな工事にはなりにくいので費用を極力抑えることができます。

まとめますと、プランニングの基本的な考え方として、自分達(施主)を中心に置く、身の丈に合った自分好みで使いやすさを重視する、ある程度起こりうる問題に対応することに準備するなら、基本設計にスケルトンインフィルを取り入れていく。このように考えてプランニングすることが良いのではないかと思います。

 

 

 

2021.12.02

年末年始休業日のお知らせ

年末年始の休業日につきまして、下記の通りお知らせ致します。

【年末年始休業日】

令和2年12月27日(月)~令和2年1月3日(月)

令和2年1月4日(火)より通常営業を開始致します。

※休業日中のお問い合わせにつきましては1月4日以降にご連絡させていただきます。

株式会社スタイルプランニング

2021.12.01

Youtubeの新作動画をアップしました

不動産と住まいの相談室 Youtubeの新作動画をアップしました。
【会社やお店は賃貸物件と自社物件どっちが良いの?】事務所や店舗は賃貸と自社どちらを選択すべきか不動産のプロが丁寧に解説します!
ぜひご覧ください。

中川雄二の不動産と住まいの相談室 サイト内ページ
https://www.style-planning.jp/youtube/

中川雄二の不動産と住まいの相談室 Youtubeリンク
【セミナーや相談会ではどんな相談が多い?トラブル事例と対処法】
https://youtu.be/OkYPMMhzllw

2021.11.27

【新着物件】「北区表町3丁目」賃貸物件

珍しいメゾネットタイプの賃貸物件のご紹介です。場所は岡山市北区表町3丁目、言わずとも、商業・交通の利便が非常に優れ、近くには川崎大学総合医療センターもあったりと、生活に必要と思われるものは全て揃っているエリアです。特筆すべきは、メゾネットタイプの間取り、一つ一つのお部屋がゆったりと取られている、お洒落で個性的なインテリアです。近隣にある、一般的なマンションの2DKとは全く異なる、雰囲気のある面白い物件だと思います。

西側からの建物全景

路地を入ったところにある玄関

玄関入るとすぐに2階への階段

2階ホールの玄関収納

2階室内への木製ドア

ダイニングキッチン

2階居室

2階洗面トイレ

3階への階段

3階居室

クローゼット

3階の洗面・トイレ

浴室(ユニットバス)

脱衣所(洗濯パン付)

脱衣所内収納

間取り

写真からも、ゆったりとした広さと空間の面白さ、内装のお洒落さが分かると思います。建物1階はテナントが入っていますが、マンションのような共同住宅とは違いエントランスも干渉せずプライバシーは守られていますし、街中でよく見受けられる隣地との窮屈さも感じません。各お部屋に適切な窓が取られているので明るく開放的です。一般的な街中賃貸住宅につまらなさを感じている方にとっては魅力的に感じられると思います。

賃料ですが、月々120,000円、共益費5,000円(共益費には上下水道費と町内会費も含まれます)です。ペット飼育も相談可能です。(ペット飼育OKの場合敷金1ヶ月追加、ペットの種類や大きさによってはお断りする場合もあります)現在リフォーム工事中ですが12月以降は内見もできようになりますので、ご興味のある方はお問い合わせフォームにてご連絡下さい。尚、内見については事前予約で受付けとさせていただきます。物件の詳細については下記の物件概要書をご覧下さい。

2021.11.25

12月度のセミナー・相談会のお知らせ!

12月度のセミナー・相談会は以下の通りです。不動産の処分や活用をお考えの方、住まいづくりが上手く進んでいない方、不動産の購入でお悩みの方はぜひご参加下さい。

【セミナー・相談会】

12月5日(日)
「不動産と住まいの相談室」 主催:ハウジングモール倉敷
時間:11:00~16:00 ※個別相談は1時間ごとになります。
場所:倉敷市酒津1625-1 ハウジングモール倉敷センターハウス

12月12日(日)
「不動産と住まいの相談室」 主催:(株)カーサ・カレラ
時間:10:00~17:00 ※個別相談形式
場所:岡山市中区賞田80番2  カーサ・カレラモデルハウス

12月19日(日)
「住まいづくり大相談会」主催:ふれあいホームタウンみどりまち
時間:10:00~16:00 ※個別相談形式
場所:福山市緑町1-51 ふれあいホームタウンみどりまち

12月26日(日)
「不動産と住まいの相談室」 主催:(株)スタイルプランニング
時間:10:00~15:00 ※個別相談形式
場所:岡山市北区丸の内2丁目11番20 スタイルプランニング事務所

セミナー・相談会は予約制になっているものもありますので、詳しくは主催者までお問い合わせ下さい。個人向けのご相談は日時を問わず随時受け付けております。問合せフォームにてお気軽にお申し込み下さい。

2021.11.24

Youtubeの新作動画をアップしました

不動産と住まいの相談室 Youtubeの新作動画をアップしました。
【セミナーや相談会ではどんな相談が多い?トラブル事例と対処法】相談会などで多い悩みやトラブルを不動産のプロが丁寧に解説します!
ぜひご覧ください。

中川雄二の不動産と住まいの相談室 サイト内ページ
https://www.style-planning.jp/youtube/

中川雄二の不動産と住まいの相談室 Youtubeリンク
【セミナーや相談会ではどんな相談が多い?トラブル事例と対処法】
https://youtu.be/Q7fYrxJaeVM

株式会社スタイルプランニング

株式会社スタイルプランニング

〒700-0823 
岡山市北区丸の内2丁目11番20号 SERENA MARUNOUCHI 1F 
※岡山県立図書館より40mほど西側
info@style-planning.jp FAX. 086-206-7375