STYLE PLANNING

問い合わせフォーム
HOME
コラムBLOG

コンシェルジェの住まいのブログ

本日、2015年の仕事納めとなりました。お手伝いをさせていただきましたお客様、仕事を通じてお取引させていただきました業者様、一年間、大変お世話になりました。ありがとうございました。


2015年は、セミナー・相談会は延べで71回の開催、コンサルティングを通じてお住まいづくりをお手伝いさせていただいたお客様が14件、不動産を購入いただいたお客様は20件、コンセプト住宅建売プロジェクトの取組が1件という1年でした。


ご縁があって皆様と出会い、住まいづくりに携わらせていただき、仕事を重ねるたび新しい感動をいただけたことに本当に感謝しております。来たる新年も、本年と同様に、1件でも多くの住まいづくりのお手伝いができますことを願いつつ、仕事納めとさせていただきます。


皆様、良いお年をお迎え下さい。


株式会社スタイルプランニング
代表 中川 雄二

コラム | comments (0)

今日はとっても寒いです。というか、いつもの冬にようやくなったというのが正確な言い方かも知れませんね。12月に入っても暖かい日が続いてましたから、余計にこの寒さがこたえます・・・。
さて、「M Style 円山」プロジェクトは工事が佳境に入っています。ここ1カ月で外部の外壁工事、内部の造作工事が着々と進みました。まずは外壁工事、このようなプロセスで仕上げていきます。

構造用合板の上にVFフェルトを張っていきます。
1.JPG
全て張れた状態。フェルトの裏にはポッチが付いて壁との間の通気を確保しています。
2.JPG
張り終えたフェルトの上に、フロートラスを張ります。
3.JPG
ラスが張れたらスーパーファインコンクリートを塗っていきます。
4.JPG
全て均等に塗り終えたらしっかり乾かします。
5.JPG
外装の仕上げ前に外部装飾の付梁や窓枠モールディングを取付けます。
111.JPG


コンクリートが乾いたら外装材を吹付けて仕上げます。今回は「SBフィニュッシュ」吹放し仕上げです。最近の多くの住宅は、乾式工法(水を使わない工法)でサイディングボード張りが多いですが、重厚感や趣を感じないのはボードを張るだけだけの仕上げだからです。そしてボードのつなぎ目にコーキング処理をするのですが、これが数年も経てば風化して汚れ、外観を台無しにするのです。湿式工法の仕上げも月日と共に経年変化しますが、逆に味わいや趣を持たせてくれるのです。
次に、内部の造作工事はこんな感じに進みました。


玄関ホールのアクセント室内窓とリビングドア。
11.JPG

リビングからの階段、洗面への入口部上部はアールで仕上げています。
12.JPG
キッチンから見たリビング。リビングの開口部はオイルステンミディアム色です。
13.JPG
2階の子供室。廻縁、巾木、ケーシングはホワイト色で仕上げています。
14.JPG


内部工事では、床材を張った後に断熱材を収め、天井・壁全てを12.5mmの石膏ボードで仕上げていきます。場所によっては下がり壁をアールにしたり、柱型をつけたり装飾もこの時にします。そして最後に、廻縁、巾木、ケーシング、ドア枠を取り付けます。この後内装の仕上げ工事に入ります。

石膏ボードのパテ埋め。クロスを張る下地を作るのですが、これがかなり大事。
222.JPG
パテが乾けば仕上げのクロスを張っていきます。
444.JPG
職人さんは手際良く、美しく、クロスを仕上げていきます。
555.JPG


ちなみに、安く住宅を建てるには、コストを下げるために廻縁、巾木、ケーシングなどは付けず、造作も手間のかかるような形状やデザインはしないようにしています。ローコスト住宅や安い建売住宅などが結果シンプルなのはそういう理由からです。安いというのも一つの魅力かとは思いますが、手間と時間とお金を掛けて、お洒落な空間を作ることは、施主が建物を長く大切にしていく大切な要素の一つだと思います。スタイルプランニングが提供する住まいは、そんな住まいにしたいとの思いで考え作ってもらっています。


月末には外装が仕上がって足場も外れ、いよいよ外観のお披露目ができそうです。

円山プロジェクト | comments (0)

12月も10日を過ぎると年末らしい雰囲気になってきますね。何故か不思議と車が多い感じがします。朝方、支払いの関係で銀行に行ったのですが、ちょうど昨日ボーナス支給日だったようで、ATMには人、人、人...気分悪くなるくらいの人でした。結果、1分の振込を用するのに40分ぐらい待たされました...。


さて、今年も私のビジネスワークである「セミナー・相談会」は例年と同じく70回ほど開催させていただきました。ここ数年はこのペースで変わりませんが、毎回、様々な出会いがあります。直接顔を見てお話をするのは、互いの事が理解でき、こちらの思いも直接伝わりますし、偶然の出会いに縁を感じることが出来る貴重な時間です。これからも仕事をするのに欠かせない時間だと思っていますので、オファーをいただける内は引き受け続けてていきたいと思います。


そんな思いを秘めながら、年明けの17日に少しジャンヌの違うセミナーをさせていただきます。4年前に始まった「再生可能エネルギー固定買取制度」、その中でも爆発的に増えた太陽光発電システムについての今までとこれからについて、不動産コンシェルジュとしての立場でお話しをさせていただきます。


1.png


エンドユーザーのお役に立つお話をしたいと思います。


ニュースリリース | comments (0)