STYLE PLANNING

問い合わせフォーム
HOME
コラムBLOG
MONTHLY ARCHIVES
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
CATEGORY

コンシェルジェの住まいのブログ

2008.01.27
■岡山土地売買

最近、土地購入のバイヤーズエージェント業務が増加しています。

住宅市場環境は厳しくなっていると言われていますが、私のところに依頼のある土地購入希望者の方は増加しているのが現状です。

ここ数年の傾向なのですが、特定のエリア(とても狭いエリア)に不動産の需要が集中しており、そのエリアでは値上がりが起きています。多少過剰ぎみに感じるくらいその傾向は強く、希望地に土地が出ると数日で売れてしまうことも起きておりミニバブル化してきているようです。

逆にそうではないエリア(少し外れた程度)は下落傾向が強く、かなりの割安感を感じるくらいになっています。不動産の価値的には大きな差が無いのに、特定のスポットを外れただけで大きく値が違うのは少しどうかと思うくらいです。

需要と供給で値が決まる限り仕方の無い事ですが、皆が同じ方向を向いて同じ物を好むのは少し怖い感じがします。

人が皆違うように、購入にあたっての予算も目的も動機も違うわけですからそれぞれに自分に合った物を選択し、人と違うことが普通と思えるともう少し違った結果になるように思います。

そこでアドバイスとしては、土地を購入する際には土地だけ見て選ばず、出来れば建築をしていただく方々と一緒に土地選びをするのが良い購入方法だと思います。(建築会社を先に選ぶ)

そうすれば、客観的な意見を聞くことも出来ますし、建てたい建物にあった土地購入を探すようになるので、土地の見方も随分変わるものです。

「住宅取得の為の土地取得」という事を今一度念頭に置いて土地探しをしましょう。「いい土地は買えたけど予算が無くて家は理想とかけ離れた・・・」では本末転倒です。

コメントする







画像の中に見える文字を入力してください。