STYLE PLANNING

問い合わせフォーム
HOME
コラムBLOG
MONTHLY ARCHIVES
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
CATEGORY
COMMENT

コンシェルジェの住まいのブログ

2007.03.23
■年度末 引越し

時節柄、引越しの車を多く見かけるようになりました。

年度末は仕事の転勤や学校の就学もあって一年でもっとも引越しが多い時期です。それを見こして中古住宅や建売住宅の広告もこの時期は大変多くなります。

賃貸住宅の場合、引越し費用の他に敷金や礼金、業者への仲介料等がかかります。お子さんのおられるご家庭では、学校が変わることによる新しい制服や教材費もかかったりします。
結構出費がかさむもので、これを機会に住宅取得を考えようかという方がいらっしゃるのもうなずけます。

賃貸住宅に支払う家賃も、自己資産の為に払うローンも同じ住居費です。いつかはマイホームと思っている方でしたら、自分の物になる支払の方が納得感もあります。

そうなってくると、購入計画が動き出すのですが、注意点は購入をあせらないという事です。不動産という大きな買物をする訳ですから、物件の確認はさることながら、近隣の評判、利便性、重要な資金計画等は十分検討出来る時間を確保して下さい。

業者さんによっては、「年度末だから決算割引が出来ます」と言って、契約を早期に迫るケースもあるかもしれませんが、物凄く急がなければならない理由がハッキリしている場合を除いては避けられた方が得策です。実際トラブルや後悔は、こういうケースの時に起こるものです。

急がば回れの精神で購入検討をしましょう。

ごぶさたしております。お元気で何よりです。。。

たとえば、中古物件を探している場合、せっかくならナショナル(全国区)のハウスメーカーの家がいいなぁ~という方々もいますよね?新築だと手が届かないけど中古なら土地も付いて割安感もあったりするのではないでしょうか?

大手ハウスメーカーはこの時期にこういった各社の中古物件のPRとかはしないんですか?その物件を基準に営業マンはリフォーム等を勧めていけばいいのにと思ったりするんですが・・・。自分のところで建てた家だから改築もやりやすい気がします。

やはり費用対効果が合わないのでしょうか?

ちゃあ~さんご無沙汰してます。いつもコメントありがとうございます。

ご質問の件ですが、各住宅メーカーはそいったことをほとんどやっていませんね。
新築を販売することを最大の目的としてるためだとは思いますが、高品質、高耐久をうたっている割には消極的です。

リノベーションを積極的に行っているデベロッパーは増えていますので、今後は主役になっていくと思います。
住宅メーカーも変革の時期に来ているのかもしれませんね。

コメントする







画像の中に見える文字を入力してください。